お知らせ

NEWS

2022.08.04

今週末に 2021年鑑 の編集長をつとめた、3名がSANJO PUBLISHINGにて
本についてお話を繰り広げます。

以下、内容です。

〜編集室プレオープン記念イベント、開催します〜
SANJO PUBLISHINGでは、<本と喫茶>に新しく仲間入りする<編集室>のプレイベントを開催します。
今回、6月30日に刊行したばかりの年鑑「新潟ADCデザインアワード2021」の編集長たちを交えて、『本をつくる、本でのこす』をテーマにトークイベントを行います。

==

いま、書籍新刊点数が年々減っているのはご存じでしょうか。
事実、ここ5年間で年間5,000冊減(総務省統計局調べ)と日の目さえみられない本たちが増えています。

誰もが発言でき、生き生きと発信できる今、「本をつくる意味ってなんだろう」と改めて考えてみるのもおもしろい。新潟の本のつくり手たちを交えて『つくる』と『のこす』のキーワードをもとに紐どいきます。

ここだけトークを繰り広げるはこの方々!
関谷 恵理奈さん
角田正之さん
高橋栄一さん

年鑑「新潟ADCデザインアワード2021」の製作に携わった3名から刊行するまでの秘話や、年鑑のサブタイトルである<NIIGATA ADC DESIGN AWARD 2021を全作品を収録>に対する想いをもお届けします。

【KEY WORD】
本づくり、年鑑、デザイン、編集長体制、アーカイブ、予算、展示会、印刷

【開催概要】
日時:2022年8月7日(日) 17:00-18:30
会場:SANJO PUBLISHING(〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目13−1)
ゲスト:関谷 恵理奈さん<TRIUMPH(トライアンフ)>、角田正之さん<プログラフ株式会社>、高橋栄一さん<ハシゴデザイン>
料金:1,000円
主催:SANJOPUBLISHING
お問い合わせ:メールアドレス_info@sanjopublishing.com

【登壇者プロフィール】
関谷 恵理奈さん<TRIUMPH(トライアンフ)>
新潟県新潟市生まれ、長岡造形大学卒。都内のデザイン会社勤務後 、Uターン。
雑誌や本などをメインに、広告、ロゴ、WEBデザイン等も制作す る。最近のマイブームはメダカと釣り。

角田 正之さん<プログラフ株式会社>
新潟県三条市生まれ、長岡造形大学卒。 東京で活動後PROGRAF所属。 HB FILE COMPETITION 大賞 仲條正義賞、新潟デザインアワード 準グランプリ・新潟ADC賞・新人賞 他。

髙橋 栄一さん
1977年生まれ。新潟市の広告代理店の制作部にて14年の経験を積み、2018年ハシゴデザインとして独立。デザインの視点から企業または生活者の課題を解決し、結果にこだわるデザインを提供。特に、企業・店舗のV.Iなど、全体のブランドイメージを形成する制作を得意とする。

〔受賞歴〕
JAGDA/Graphic Design in Japan 2020/This One!(2020)
NIIGATA ADC 準グランプリ(2019)
NIIGATA ADC 審査員特別賞(2014)
Re Design Exhibition 1位(2015)

2022.07.14

昨年開催した、NIIGATA ADC DESIGN AWARD 2021をまとめた年鑑が発刊されました。これを記念しまして、トークイベントを開催します。

《information》
日にち:2022年 7月 22日(金)
時間:【開場】18:00 ~ 【閉場】21:00
場所:クロスパル新潟(映像ホール 4F)
https://goo.gl/maps/TJZjmKgt7e7Ritst8
入場料: 無料(参加申込フォームをご記入ください。)

▼参加申込フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfJ_hGhA9z-Ax9nhNJp-P2jXYWzVh0cyNDkBNdcWRnH6DwPBA/viewform

▷ 内容 ◁

夏休みの自由研究!!
〜デザインをねほりはほり〜

【第1部 デザイナー白井剛暁を解剖!】
NIIGATA ADC DESIGN AWARD 2021でグランプリと準グランプリを受賞した、
デザインデザインの白井剛暁さんのルーツを振り返り、
現在のデザインスタイルにどう影響したのか解剖していきます。

●登壇者
デザインデザイン・白井剛暁さん

【第2部 デザイナー採集!】
NIIGATA ADC DESIGN AWARD 2021受賞者をパネリストに招き、
デザインの源泉について採集していきます。

●登壇者
グランプリ・準グランプリ / 株式会社デザインデザイン・白井剛暁さん
準グランプリ・新人賞 / プログラフ株式会社・角田正之さん
新潟ADC賞 / 一菱金属 株式会社・江口広哲さん
新潟ADC賞 / himaraya design・安達さや香さん
新潟ADC賞 / 株式会社プロフィッツ・山下洋平さん

2022.06.30

[ お取り扱い ]

●SANJO PUBLISHING
●ジュンク堂書店
●hickory03travelers
●文信堂
●ぽんしゅ館クラフトマンシップ
●新津美術館

※商品在庫のお問い合わせはお取り扱い店舗にお願いします。

発行:新潟アートディレクターズクラブ
発行日:2022年6月7日
金額:¥1,650(in tax)

—————————————————————————–

編集:新潟ADC年鑑2021 編集委員会

編集長:関谷恵理奈、髙橋栄一、角田正之

編集・制作:今村匡、岩下真愛子、長部寛子、加藤誠二、鈴木雄也、杉井
翼、高野純、田邉あゆみ、中野華穂

アートディレクション・デザイン:白井剛暁

広報委員:髙波智子、髙橋栄一、横山英也

撮影:比留川勇、中田洋介

印刷:株式会社ハイングラフ

発売:HICKORYS

用紙提供:平和紙業株式会社、田村紙商事株式会社

事務局:新潟アートディレクターズクラブ事務局(株式会社フレーム内)

2022.06.21

NIIGATA ADC DESIGN AWARD 2022
「自主制作部門のテーマは無し」

自主制作部門は、自身のテーマ設定と表現で
自由に制作したものを出品することができます。(目的やデザイン性があるものが対象となります)

2019年の審査会から新設された部門で、
昨年の審査会では、その中から準グランプリが選ばれました。
またクライアントワークではないからこそ出てくるデザイナーの伸び伸びとした作品が見てみたい!という審査員からの声があったのも印象的でした。

どなたでも自分の可能性を自由に試せるのが、
この部門の魅力です。
皆さまの作品を心よりお待ちしております。

2022.05.12

『おもしろい地域には、おもしろいデザイナーがいる』
出版記念トーク in 新潟
迫一成×新山直広×坂本大祐

【イベント内容】
わずかな予算、想定外の作業、地域の付き合い。
そんな状況をおもしろがり、顔の見える関係で仕事したり、自ら店に立ったり、
販路を見つめ直したり、ディレクションも手仕事も行き来しながら現場を動かし、
その土地だからできるデザインを生む。

そんなふうに地域で動く全国のデザイナー21人が筆を取った書籍、
『おもしろい地域には、おもしろいデザイナーがいる』がこの春に出版されました。

今回の会場は新潟市にある「上古町の百年長屋 SAN」。
本書著者の一人、合同会社アレコレ(hickory03travelers)の迫さんが手掛けられた、
地域の複合拠点です。

当日は本書制作メンバーが集い、
地域×デザインの実践について現地の皆さんと深掘りします。

【概要】
■日時:2022年5月21日(土)17時~19時
■場所:上古町の百年長屋 SAN(新潟県新潟市中央区古町通3−653)orオンライン
■現地定員:20名
■主催:学芸出版社 & SAN

・書籍について
https://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761528102/

・イベント詳細・お申込み
https://omoshiroi-designer-2205.peatix.com/

NADC会長 迫さんが参加されています!

1 / 34 page12345102030...最後 »