お知らせ

NEWS

2022.09.27

コロナ禍で自粛してきた審査会の交流パーティーですが
3年ぶりに開催する運びとなりました。

会員同士や審査員の方々との交流は、とても有意義な時間となるはず!
普段中々お話しできない方々とも、親しくお話しできるチャンスです!

もちろん会員以外の一般の方や学生の方も大歓迎ですし、
2次会からの参加も大歓迎です!!

交流会を開催するにあたり、
新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底して行っている会場を選定いたしました。

感染拡大防止対策についての詳細は、下記のpdfをご参照ください。
※状況により、開催中止の場合もございます。

[交流パーティー]
開催日/10月22日(土)
時間/19:00(受付18:30~)-21:00(20:30LO)
場所/ホテルイタリア軒1F マルコポーロ
参加費/NADC会員 6,000円、NADC若手会員 5,500円、一般 6,500円、学生 5,000円(お一人様・税込)
※賛助会員は6,000円となります  

[二次会]
開催日/10月22日(土)
時間/21:30-23:30
場所/権十楼 古町店
参加費/3,000円(お一人様・税込)

[申込方法]
お申し込みは、下記のお申込み書に明記の上、
niigataadc1@gmail.com へご送付ください。

NADC交流会パーティー&2次会の申込書
交流会開催における新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

https://drive.google.com/file/d/1CX3gE5Ox0ty_I_Yh1sn3ktVdyXBZldvG/view?usp=sharing

[申込締切]
10月17日(月)まで

2022.09.20

今年で15回目を迎える、新潟アートディレクターズクラブ(以下NADC)の審査会のエントリーが開始になりました。

エントリーはこちらから

エントリー期間
2021年9月20日(火)12:00〜10月5日(水)15:00まで

※作品応募要項、出品マニュアルは応募要項からご覧いただけます。
作品応募要項  http://www.niigata-adc.com/entry_pdf2022/nadc2022_guideline_0920.pdf
出品マニュアル http://www.niigata-adc.com/entry_pdf2022/nadc2022_entrymanual_all_0920.pdf?v=1

※必ず目を通していただき、10月5日の15:00までに期日をまもりご出品ください。

2021年9月[前回エントリー終了後]から2022年9月の間に発表、使用、掲載された新潟県在住のクリエイターによる広告・デザイン作品を募集し、優れた作品にグランプリなどの各賞を授与します。

今年も皆さんの素敵な作品をお待ちしております。

2022.08.30

今年で15回目を迎える、新潟アートディレクターズクラブ(以下NADC)の審査会。
2021年10月[前回エントリー終了後]から2022年9月の間に発表、使用、掲載された新潟県在住のクリエイターによる広告・デザイン作品を募集し、優れた作品にグランプリなどの各賞を授与します。
新潟のクリエイティブシーンの現在を発信するNADC審査会。
企業規模や内容に関係なく、日本を代表するアートディレクターに審査してもらえる貴重な機会です。あなたの作品をふるってご応募ください。

開催日
2022年10月22日(土)(搬入日・2022年10月21日(金))

場所
市民プラザ(NEXT21 6F)

審査員
平野敬子氏、井上真季氏、羽田純氏、伊勢春日氏、小林一毅氏

エントリー期間
2021年9月20日(火)12:00〜10月5日(水)15:00まで

今年も皆さんの素敵な作品をお待ちしております。

応募要項ページ
http://www.niigata-adc.com/pages/apply.html
作品応募要項
http://www.niigata-adc.com/entry_pdf2022/nadc2022_guideline_0823.pdf

2022.08.19

今年の審査会では「H部門:自主制作」 のテーマはありません。

自主制作に出品してみませんか?

直前に間に合わなくて諦めちゃうアナタ、宣言してしまえば出せます!
リマインドメール有!

自主制作出します宣言!

この度、開催されるNIIGATA ADC DESIGN AWARD 2022の「H部門 自主制作」 の出品料を50%OFFでご案内します。

▷条件◁
・8/31までのお申し込み
・1点のみ(サイズは問いません。)
・正会員のみ

▼自主制作だします宣言!フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSechJXjMNGh8uIUokI4Tcf-DP43XhKcJ5Kp4Fz77KZ8VU7shw/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0

自主制作部門は、自身のテーマ設定と表現で自由に制作したものを出品することができます。(目的やデザイン性があるものが対象となります)

2019年の審査会から新設された部門で、
昨年の審査会では、その中から準グランプリが選ばれました。またクライアントワークではないからこそ出てくるデザイナーの伸び伸びとした作品が見てみたい!という審査員からの声があったのも印象的でした。

どなたでも自分の可能性を自由に試せるのが、この部門の魅力です。

皆さまのご宣言をお待ちしております。

2022.08.04

今週末に 2021年鑑 の編集長をつとめた、3名がSANJO PUBLISHINGにて
本についてお話を繰り広げます。

以下、内容です。

〜編集室プレオープン記念イベント、開催します〜
SANJO PUBLISHINGでは、<本と喫茶>に新しく仲間入りする<編集室>のプレイベントを開催します。
今回、6月30日に刊行したばかりの年鑑「新潟ADCデザインアワード2021」の編集長たちを交えて、『本をつくる、本でのこす』をテーマにトークイベントを行います。

==

いま、書籍新刊点数が年々減っているのはご存じでしょうか。
事実、ここ5年間で年間5,000冊減(総務省統計局調べ)と日の目さえみられない本たちが増えています。

誰もが発言でき、生き生きと発信できる今、「本をつくる意味ってなんだろう」と改めて考えてみるのもおもしろい。新潟の本のつくり手たちを交えて『つくる』と『のこす』のキーワードをもとに紐どいきます。

ここだけトークを繰り広げるはこの方々!
関谷 恵理奈さん
角田正之さん
高橋栄一さん

年鑑「新潟ADCデザインアワード2021」の製作に携わった3名から刊行するまでの秘話や、年鑑のサブタイトルである<NIIGATA ADC DESIGN AWARD 2021を全作品を収録>に対する想いをもお届けします。

【KEY WORD】
本づくり、年鑑、デザイン、編集長体制、アーカイブ、予算、展示会、印刷

【開催概要】
日時:2022年8月7日(日) 17:00-18:30
会場:SANJO PUBLISHING(〒955-0071 新潟県三条市本町2丁目13−1)
ゲスト:関谷 恵理奈さん<TRIUMPH(トライアンフ)>、角田正之さん<プログラフ株式会社>、高橋栄一さん<ハシゴデザイン>
料金:1,000円
主催:SANJOPUBLISHING
お問い合わせ:メールアドレス_info@sanjopublishing.com

【登壇者プロフィール】
関谷 恵理奈さん<TRIUMPH(トライアンフ)>
新潟県新潟市生まれ、長岡造形大学卒。都内のデザイン会社勤務後 、Uターン。
雑誌や本などをメインに、広告、ロゴ、WEBデザイン等も制作す る。最近のマイブームはメダカと釣り。

角田 正之さん<プログラフ株式会社>
新潟県三条市生まれ、長岡造形大学卒。 東京で活動後PROGRAF所属。 HB FILE COMPETITION 大賞 仲條正義賞、新潟デザインアワード 準グランプリ・新潟ADC賞・新人賞 他。

髙橋 栄一さん
1977年生まれ。新潟市の広告代理店の制作部にて14年の経験を積み、2018年ハシゴデザインとして独立。デザインの視点から企業または生活者の課題を解決し、結果にこだわるデザインを提供。特に、企業・店舗のV.Iなど、全体のブランドイメージを形成する制作を得意とする。

〔受賞歴〕
JAGDA/Graphic Design in Japan 2020/This One!(2020)
NIIGATA ADC 準グランプリ(2019)
NIIGATA ADC 審査員特別賞(2014)
Re Design Exhibition 1位(2015)

1 / 35 page12345102030...最後 »